お店の広告にノベルティグッズの活用

不景気に長い間、苦しんでいる日本の経済状況。大手メーカーでさえも多くが、減収減益に陥っており、株価の低迷や大規模なリストラを余儀なくされています。大企業でさえも困難な状況なわけですから、個人で経営されている個人経営者や家族で活動されていられるお店などは、より一層に困難な状況だとおもいます。ちょっとでも売上をのばしたいが、それにかかわる経費なども出来るだけ減らしていきたい。そんな中で日々、努力されていることとでしょう。そこで、有効な広告手段のひとつとしてノベルティグッズの活用があります。会社やお店の名前やロゴ入りのノベルティグッズはやはり、目立ち度が抜群に違います。お店にきて買っていただいたお客様へのプレゼントやお得意先への営業したさいの手渡しなどが効果的です。経費のめんからもノベルティグッズは大変に便利です。以前は名前入りやロゴ入りなどになると大量の注文が必要であったり、価格も上がってしまう場合がおおかったです。しかしいまでは、インターネットでの注文では少量の注文からがOKですし、価格もネットならではの割引価格などを設定している業者などがほとんどです。こういったホームページなどをチェックしてお得に活用しましょう。

ノベルティを利用した効果的な宣伝方法

企業が様々な粗品等に自社の称号等を記載して、消費者に配布、贈呈し、それに伴い自社の認知度を高めてもらおうという広告的な戦略として行われるノベルティ行為。そうしたノベルティ商品を配布することで得られる企業のプラスな効果とはいったいどういったものがあるだろうか。単刀直入に言うと、完全なる商品告知や自社のPRに過ぎないだろう。そこからノベルティ商品を手にした顧客からの口コミ情報を元に、パイプが張り巡らされ、新規の顧客の関心を得ることが最大のメリットであり、企業が望む効果である。時として、このノベルティ戦略はテレビのCMや新聞広告といった媒体を利用した宣伝広告よりも力を発揮することがあるかもしれない。なぜならば、ノベルティ商品をどのように作成し、配布するかによっては、実際に顧客らが視覚、あるいは聴覚で得られる企業の製品やサービスといった商品よりも、そのノベルティ商品から生の試用をすることができるからである。例えば新商品の試作品、モデル品を簡素的に作成し、ノベルティ商品として配布する場合にこうした効果が期待できるのだ。つまり、ご自由にお試し下さい。気に入ったら買ってくださいというような直球な販売方法に当たるからである。もちろんそのようなノベルティ商品には規制もあるので注意いただきながら検討して欲しいものだ。